初心者は注意

高層ビルの夜景

ここ数か月、株価の回復と円安によって景気が上向いていると報道されています。この契機に乗じて、今まで財布の紐を固く閉じていた方々が資産運用に乗り出す動きが活発化しています。不景気になると、株や不動産の価格が下落しているので資産運用を行うには厳しい条件です。しかし、景気が回復し始めると資産運用をすることによって利益を生み出すことができるので株や不動産売買の取引が活発になります。しかし、経験豊富な人でも資産運用は難しいので初心者は注意をしなければなりません。初心者の多くは、目先の利益に捉われる傾向があるので金融商品の価値の変動にしか注目していないことが多く見受けられます。一部の情報に捉われているだけでは非常に危険なので注意が必要です。

資産運用を行う際には、国内の景気状況だけではなく海外にも目を向ける必要があります。初心者が資産運用を行う際にはまず、毎日の為替をチェックして何故変動しているのかを考える必要があります。一国の政治状況や金融対策によって、為替に影響がでます。そうなると、日本の株価にも影響が及び不動産価格にも影響を与えることになります。国際ニュースにも目を向けて、世界で起こっていることを正しく理解するように初心者はまず心がける必要があります。また、一つの金融商品にだけ投資を行わずにリスクを分散するためにも、国債や外国債など様々な商品に投資を行うことも重要です。1極集中は、損益が発生した時に資産を失う可能性があるのでハイリスクを伴います。