タイミング

金

長い目で見れば不動産価格は上昇をしています。但し、短期的に急上昇をして、その後、急落をするという時期がしばしば見られます。これらの時期を外せば、不動産は持ち続けるべき資産と言えます。そして、不動産投資をするタイミングは、短期的に急上昇した後の急落時です。この時は上昇をした以上に価格が下落します。不動産投資ファンドや新興不動産会社が多額の資金調達をして大きなレバレッジをかけて積極的に購入するために価格が急騰するのですが、その後、資金調達ができなくなることにより、採算よりも資金繰りを意識するために仕入れ価格よりも安く売却するのです。このひずみが不動産投資をする人にとっては大きなチャンスと言えるのです。

今は、景気回復が本格化し始めた時期と言えます。不動産投資を始めるには良い時期と考えられますが、これから不動産価格が急上昇することも考えられます。その後の下落に備えて、ある程度の資金を用意しておくことが重要です。そして、下落が確認できたら、ためらわずに投資を始めましょう。一つのシグナルとしては、自分の周りで不動産投資をしていた人たちが、不動産投資から手を引き出した頃です。こういうシグナルが見られると、多くの売り物件が市場に出ます。良質な物件も出回ることになりますから、自分の希望価格まで下がってくることをのんびり待ちながら淡々と買っていきましょう。安値で買えれば、その後、再びやってくる上昇相場で大きな収益を獲得できます。